読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Reach For Tomorrow

2017年卒予定の大学生です。日々感じたことを記しておくブログです。

2015年に聞いたラジオで特に面白かった回

2014年に留学して以降、ラジオを頻繁に聞くようになり、あっという間に生活に欠かせないピースとなった。テキトーに聞き流しながら作業(レポートやESを書いたり)できることが本当に魅力的だし、自分だけに話しかけてくれるようなトークも楽しい。

そんな中で、2015年に特に面白いと思った回を振り返りたいと思う。

1. バナナマンのバナナムーンGOLD 4月18日の回

日村さんと神田アナとの熱愛が発覚した直後の放送。浮ついた感じの日村さんが印象的。リスナーが神田さんのtwitterを遡ると、日村さんの痕跡がたくさん残っていたところがハイライト。そういう流れも含めて生放送のラジオっぽかった。普段の放送はあまりリスナーとの絡みが少ないし、同じような話(食べ物の話とか)が多いからなおさら良い回だった。

 

2. おぎやはぎのメガネびいき 2月12日の回

「概念くん」なるキャラクターが生まれた放送。食べ過ぎないようにするって話が紆余曲折を経て、なぜか生まれた「概念くん」。くだらなさを突き詰めて、ブレイクスルーした。おぎやはぎのラジオは悪意に満ちつつ、肩に力が入っていないところが好き。そんなに悪口言ってても嫌な感じがしないとこも◎。伊集院光が、「本気で嫉妬している唯一のラジオDJ」って言ってたらしい。

 

3. オードリーのオールナイトニッポン 6月6日の回・12月10日の回

前者は、西加奈子がゲストとして海外ロケで欠席した春日の代わりに参加した回。自分は、その回の放送がきっかけでプロレスを見に行くことに。詳しくはこちらのエントリを参照してくれると。

九龍ジョーさんが「プロレスを深く理解していない人にしか書けない」と言っていたこの本も早く読みたい。

ふくわらい (朝日文庫)

ふくわらい (朝日文庫)

 

 

後者は、逆に若林が病気で急遽欠席してしまい、春日が悪戦苦闘する回。オードリー軍団が助っ人で来るけど、ハチャメチャな感じになっていた笑。

オードリーは2人が明確にフリートークの時間を設けているから、「あの時の春日のフリートークは面白かったな」みたいな感じで感想を振り返りやすい(印象に残りやすい)気がする。好きなのは「知っ得ベジライフ」にまつわる春日のフリートーク。

2015年は、オードリーを好きになった年として記憶に残りそう。若林の本も良かった。

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)

 

 

4. 朝井リョウ&加藤千恵のオールナイトニッポンZERO 4月10日の回

朝井&加藤のANN0は、二人が作家なのでフリートークの題材も文学よりの話が多くて好き。この回は、朝井リョウと柚木麻子が共通の知人の披露宴の余興で「今夜はブギーバック」の替え歌をガチで挑んでスベったっぽい?話。柚木さんみたいな面白い友達欲しい。

 

ダ・ヴィンチ 2016年2月号

ダ・ヴィンチ 2016年2月号

 

ダ・ヴィンチの最新号はオードリー特集。朝井リョウ&加藤千恵&西加奈子&中村航と若林の座談会があって必読。

作家が尊敬されすぎているから、身近な存在にしたいって朝井リョウが言っていて、これはじっくり賛否を考えたい。

 

ケトル Vol.28  2015年12月発売号 [雑誌]

ケトル Vol.28 2015年12月発売号 [雑誌]

 

 このケトルはまだ買ってない...けど、読みたい